/

この記事は会員限定です

ひろぎんHD社長「最終利益の3割、広銀以外で稼ぐ」

地域金融のいま

[有料会員限定]

昨秋、広島銀行を中核とする持ち株会社、ひろぎんホールディングス(HD)が発足した。部谷俊雄社長は日本経済新聞のインタビューに応じ、「最終利益の3割を(銀行以外の)グループ会社で稼ぐのが最終形だ」と語った。低金利で従来の貸し出しだけでは成長が難しいため、コンサルティングやITの導入支援などに業務分野を広げて地元企業のニーズを深掘りする。主なやりとりは次の通り。

――2020年10月に持ち株会社体制に移りました。銀行中心だっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1631文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン