/

この記事は会員限定です

米中の衝突回避へ「日本の役割重要」 宮本雄二氏

国際シンポジウム「バイデン政権下の日米中関係」

[有料会員限定]

冷戦時代の米ソの間には意思疎通や共通理解があり「熱戦」にはならなかったが、今の米中間の相互認識には大きな疑問符がつく。台湾問題で米国が勢いに任せて関与すれば軍事衝突に発展する可能性が大きくなっている。米バイデン政権は合理的な人たちの集まりではあるが、中国の台頭を許さない議会の意向に引っ張られる可能性がある。

中国の対外強硬姿勢は習近平(シー・ジンピン)国家主席が登場する前の、胡錦濤(フー・ジンタオ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り548文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経電子版の「アメリカ大統領選挙2020」はアメリカ大統領選挙のニュースを一覧できます。データや分析に基づいて米国の政治、経済、社会などに走る分断の実相に迫りつつ、大統領選の行方を追いかけます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン