/

持ち運びしやすい水で膨らむ土のう 広島のダイクレ

水を吸収する繊維が入っている

建材メーカーのダイクレ(広島県呉市)は水で膨らむ土のう「アクアディフェンサーウォーターバッグ」の販売を始めた。土ではなく、水を吸収する繊維が入っている。大雨のときに建物などの入り口に設置すると、水を吸収しながら浸水を防ぐ。面ファスナーで複数個をつなげると、隙間からの水漏れも最小限に抑えられる。

大雨や台風などの浸水対策として土のうの使用が一般的だ。ただ、従来の土のうは重く、製造や設置などの工程で負担が大きい。同製品は550グラムと持ち運びしやすく、あらかじめ水につけて膨らます手間もいらない。吸水後は16キログラムほどになり、一般ごみとして廃棄できる。価格は3個セットで約1万8000円。

同社の担当者は「多発する水害の被害を少しでも防いでほしい」と話す。自治体への営業を強化し、年間1万個の販売を目指す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン