/

この記事は会員限定です

「売り切る覚悟あるか」 JR四国の進まぬ多角化

[有料会員限定]

「売り切る覚悟はあるのか。1戸でも売れ残れば赤字だ」。JR四国本社の会議室で、西牧世博社長が分譲マンション事業の計画について念押しすると、JR四国幹部らは思わず黙り込んだ。

JR四国は事業多角化の一環で、非鉄道事業の推進を掲げる。2016年に分譲マンション事業に参入した。高松市など四国管内を中心に開発を進めており、22年度には松山市や岡山市でマンションが完成する。現在はどの事業も不動産会社などと組...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1412文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン