/

この記事は会員限定です

EV部品、大阪の町工場も 「軽薄短小」で攻める

[有料会員限定]

ガソリン車から電気自動車(EV)へのシフトが加速するなか、大阪府東部の中小メーカーが部品生産で攻めに出ている。もともと鉄の加工が盛んな地域だが、鉄よりも軽い樹脂やマグネシウム、電気が通りやすい銅を素材として活用。日本車メーカーの動きを待つことなく、欧州や中国向けにも売り込む。特定の業種に依存せず、成長分野を貪欲に開拓してきた町工場の真骨頂だ。

樹脂加工のアテックス(東大阪市)は、EVやハイブリッド...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1730文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン