/

この記事は会員限定です

富山市、センサー網で民間ビジネス育成 居住域98%網羅

[有料会員限定]

富山市が自前のセンサーネットワークを民間に無償開放し、遠隔監視や交通量調査といったビジネスの実験の場に提供している。データ活用の先端地域と印象づけて企業を集める戦略で、2019年度の開始から35件が採択された。斬新なビジネスの創出には、市民の参加機運を高めることが必要になる。

開放しているのは消費電力が小さく長距離通信が可能な「LoRaWAN」と呼ばれるネットワークで、居住地域の98%をカバーする...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1622文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン