/

この記事は会員限定です

天満屋饅頭、半世紀ぶり復活 岡山本店の新名物に

[有料会員限定]

百貨店の天満屋の岡山本店(岡山市)で、新しい名物として「天満屋饅頭(まんじゅう)」がお目見えした。約半世紀ぶりの復活で、原材料や売り場の演出など随所にこだわりを盛り込んだ。新型コロナウイルスの影響で来店客の減少が続く中、看板商品に成長できるか注目される。

販売初日の2020年12月23日、地下1階の一角にある売り場には午前10時の開店と同時に客が詰め掛け、程なくして長い行列ができた。最初に買い求め...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り764文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン