/

災害時の通信確保へ協定 香川県とNTT西など

災害時の電気通信設備復旧などに関する協定を締結した(4日、高松市)

香川県とNTT西日本香川支店、NTTドコモ四国支社は4日、災害時の電気通信設備復旧を速やかに実施するため、連携協定を締結した。気候変動の影響による大雨や南海トラフ地震など大規模な災害が発生した際に通信手段を確保し、住民生活を維持するための準備を整える。復旧作業を妨げる障害物の除去で協力することなどを盛り込んだ。

協定では復旧作業の連携に向けた連絡体制の確立や情報共有、県が管理する道路施設などを可能な範囲で使うことなどを確認した。通信手段を確保するため、移動基地局車などの災害対策機器も投入する。香川県の浜田恵造知事は「いつ大規模な災害が発生してもおかしくない。今回の協定を機に、災害時の通信手段確保に向けて連携を強化していきたい」と述べた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン