/

この記事は会員限定です

滋賀県、CO2排出削減推進 「琵琶湖クレジット」構想

[有料会員限定]

滋賀県は二酸化炭素(CO2)排出を実質ゼロにする取り組みを進める。県造林公社の森林整備によりCO2排出枠を年300トン創出。「琵琶湖クレジット」と名付けて琵琶湖・淀川水系の企業に対し、経済活動で発生するCO2と相殺する「カーボンオフセット」としての購入を呼びかける。4日に三日月大造知事が年頭記者会見の中で構想を明らかにした。

琵琶湖クレジットは国の認証制度「Jクレジット」を活用する。樹木が成長する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り461文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン