/

新型コロナのモニタリング検査、京都府は5日から開始

新型コロナのモニタリング検査について発表する京都府の西脇隆俊知事(4日、京都府庁)

京都府は4日、無症状の新型コロナウイルス感染者を把握するためのモニタリング検査を5日から始めると発表した。5、6日は京都市内の駅周辺などで通行者に唾液PCR検査キットを配布する。西脇隆俊知事は「(感染拡大の)第4波の端緒をつかむ重要な事業。市中感染を見える化できるという意味で期待している」と述べた。

モニタリング検査は国が緊急事態宣言の対象地域の自治体と共同で実施。検査キットの街中での配布に加え、京都府では大学や繁華街にある店舗などに対象施設を限定したモニタリング検査も行う。街中での配布による検査は5、6日の2日間で300件程度を計画。以降も毎週、曜日や場所を変更しながら1日あたり100件程度を目安に続けていく。

緊急事態宣言の解除後の京都府内の状況について、西脇知事は「(午後9時までの営業時間短縮要請などの)新しい措置には引き続き協力してもらえている」と評価。「医療提供体制も着実に回復傾向にある」と語った。一方、変異ウイルスによる感染に関する神戸市の発表などを踏まえ、大阪府や兵庫県の状況も含めて「感染の再拡大を招くことがないよう注視していきたい」と強調した。

また、菅義偉首相が首都圏1都3県の緊急事態宣言を延長する方針を示していることについては「今の状況での首相の思いはきわめて妥当」との認識を示した。1都3県の知事には「確実に感染拡大を抑え、延長されたとしても、次のステージに行くように引き続き努力していただきたい」と話した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン