/

村田製作所、JTB系から4人受け入れ 出向1年間

村田製作所は4日、JTBグループのJTBガイアレック(東京・豊島)から社員4人の出向を受け入れると発表した。新型コロナウイルス感染拡大で業績が悪化している企業から、村田製作所が人員を迎えるのは初めて。受け入れ期間は4月から1年間で、新型コロナの感染状況によって延長も検討する。

京都府長岡京市の本社で事務業務などを担当する。村田製作所は「異なる企業文化が加わることで多様性が広がる」としている。異業種からの受け入れは追加も検討する。

JTBガイアレックは海外留学やホームステイなどを手配、販売している。コロナ禍による旅行需要の縮小で、JTBはグループの社員を自治体などに出向させている。村田製作所では高速通信規格「5G」対応のスマートフォンなどに向けた電子部品需要が旺盛で、2021年3月期の連結営業利益は過去最高の2900億円を見込む。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン