/

この記事は会員限定です

中国地方企業トップが年頭所感 デジタル化など推進

[有料会員限定]

多くの企業で仕事始めとなった4日、中国地方の経営者は年頭の所信表明などを行った。長引く新型コロナウイルスの影響で事業を取り巻く環境が大きく変わるなか、デジタル化や脱炭素の取り組みを推し進めようとする発言が相次いだ。広島県では主要な経済団体が新年互礼会の開催を見合わせるなど、異例の年始めとなった。

昨年、新型コロナの影響で生産調整に踏み切ったマツダ。丸本明社長は「多くの反省と学びを得ることができた。新型コ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り962文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン