/

この記事は会員限定です

萩原工業、ブルーシート再製品化に着手 3年後メド確立

[有料会員限定]

合成樹脂繊維大手の萩原工業は、災害時に使用したブルーシートや農業用コンテナバッグなどの再製品化に乗り出す。今後3年ほどで新品同様の強度を出せるようにする技術を確立し、各地のホームセンターなどと連携して回収拠点の整備も進める。環境負荷の低減に取り組み、ブランドイメージの向上にもつなげる考えだ。

萩原工業は合成樹脂繊維の製品としてブルーシートやコンテナバッグ、虫よけ用ネットなどの製品を手掛けている。同社による...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り835文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン