/

この記事は会員限定です

日鉄呉製鉄所閉鎖、協力会社が配管製造 存続へ新事業

[有料会員限定]

日本製鉄の呉製鉄所(広島県呉市、現・瀬戸内製鉄所呉地区)の配管を設置・修繕する武田組(同)は3月、配管をつくる工場を稼働させる。現在の売上高のほぼすべてが2023年9月に閉鎖される予定の製鉄所関連。配管製造を始めることで製鉄所外の需要獲得に取り組み、生き残りを目指す。製鉄所の協力会社が閉鎖を見据えて新規事業に進出している。

日本製鉄は製鉄所の閉鎖に先立ち、主要設備の高炉を21年9月に停止する方針だ。武田組...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り891文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン