/

この記事は会員限定です

大阪・泉北ニュータウン  「働きやすさ」で団地再生へ

ウエーブ大阪

[有料会員限定]

堺市と大阪府和泉市にまたがるベッドタウン、泉北ニュータウンが働く場として若い世代を呼び込もうとしている。堺市は駅前などでテレワーク施設の整備を本格化する。大阪府住宅供給公社は在宅勤務に適した物件の提供を始める。人口はピーク時から3割減り高齢化も進むが、新型コロナウイルス禍を受けて柔軟な働き方が広がるなか団地の活性化につなげる。

堺市が20年11月に南区役所内の会議室に設けたテレワークオフィス。9日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1666文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン