/

この記事は会員限定です

伊予銀、店舗デジタル化を加速 タブレットで店外受付も

地域金融のいま

[有料会員限定]

伊予銀行は店舗のデジタル改革を加速する。アプリを活用した手続きの簡素化などで待ち時間を短縮し、コンサルティング機能を強化した次世代型店舗を順次展開する。行員がタブレット端末を持ち出して口座開設などの業務を店外で受け付ける営業手法も導入。地銀の中でも進んだ取り組みで店舗運営を効率化し収益力を強化する。

1月下旬、松山市内の伊予銀余戸支店。日当たりが良く明るい店内に入ると、総合受付で行員が出迎える。利用客はキ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1104文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン