/

この記事は会員限定です

第一ビニール、ベトナムで新工場 園芸用品でアジア開拓

[有料会員限定]

園芸用品を製造する第一ビニール(福井県坂井市)は海外市場の開拓に力を入れる。欧米への供給拠点でもあるベトナム工場の生産能力を増強したほか、各地でネット販売を始める。新型コロナウイルスの感染拡大による世界的な巣ごもり需要の拡大で、好調な園芸用品の需要に対応する。

ベトナムでは倒れやすい植物を支える支柱類の生産能力を15%増やす。ホーチミン近郊のビンズオン省にある工場に約5000万円を投資して、延べ床...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り676文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン