/

この記事は会員限定です

混迷の岡山市バス路線再編 議論中断、事業者の対立も

公共交通のゆくえ

[有料会員限定]

岡山市内の路線バスの再編を巡る議論は、1日の法定協議会で中断が決まった。バス事業者の経営に対する新型コロナウイルスの感染拡大の影響が見通せないためだ。また、ここにきて一部事業者による協議会での議論を経ない路線延伸申請という新しい問題も浮上した。5月で発足から3年を迎える協議会は、今後も曲折が予想される。

争点になっているのは、八晃運輸(岡山市)が運行する低運賃循環バス「めぐりん」のJR岡山駅東口バ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り856文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン