/

この記事は会員限定です

福井・敦賀に水素の製造発電拠点 再生エネで産業育成

ウエーブ福井

[有料会員限定]

福井県敦賀市は再生可能エネルギーを使って水素をつくり、発電したり燃料電池車(FCV)に充塡したりする水素マルチステーションを11月に開設した。同市を含む福井県南部の嶺南6市町で始動した仮想発電所(VPP)の実証実験の拠点にする。再生エネのインフラ整備を通じ、地域の産業育成や街づくりを進める。

東芝エネルギーシステムズが敦賀市との実証実験で水素マルチステーションの運用を始めた。市公設地方卸売市場の敷...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1529文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン