/

この記事は会員限定です

富山の砺波郷土資料館、和洋融合の近代化の象徴

映える!

[有料会員限定]

見た目は和風、中身は洋風――「擬洋風建築」と呼ばれる珍しい建物が富山県砺波市の砺波郷土資料館だ。北陸銀行の前身である中越銀行の本店に始まり、北陸銀の砺波支店を経て、現在は観光スポットとして親しまれている。

木造2階建て土蔵造り。城のような外観だが、中に入ると洋館のような吹き抜けの空間が広がる。内装を特徴付ける天井には装飾革を模した金唐革紙が張られる。厚手の和紙に型押しで唐草模様をあしらい金箔などに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り643文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン