/

この記事は会員限定です

島根・益田発 簡易型スマートシティー、国内外で展開

[有料会員限定]

地方で導入しやすいコンパクト型スマートシティーの実現を目指す一般社団法人サイバースマートシティ創造協議会(MCSCC、東京・港)は、国内外で事業を本格化させる。これまで島根県益田市で事業を進めてきたが、長崎市でも地元企業と協力してスマートビレッジを建設する。東南アジアでの計画もある。益田市で培った未来型街づくりのノウハウを他地域にも応用し、地域課題の解決を後押しする。

同協議会は全国の情報・通信技...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1276文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン