/

この記事は会員限定です

新たな国際秩序 日本が関与を 日米中関係巡りシンポ

[有料会員限定]

日本経済新聞社と兵庫県立大学は4日、日米中関係に関する国際シンポジウムをオンラインで開催した。基調講演で米コロンビア大のジェラルド・カーティス名誉教授は多国間主義を掲げる米バイデン政権が発足しても「世界のパワーバランスが変化し、米国が圧倒的優位だった時代には戻れない。対中政策をはじめ同盟国との政策調整は簡単でなくなる」と指摘。その上で日本に対し「バイデン政権に日本の考え方を積極的に伝え、影響を与え...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1510文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン