/

この記事は会員限定です

石川県のIoT実践道場 門下生が進める生産現場改善

[有料会員限定]

石川県が開催する県内メーカー向け研修事業「IoT実践道場」が、参加企業の生産効率化で成果を上げている。各社の工場に生産設備の稼働状況が分かるセンサーを取り付け、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」を試してもらう仕組みだ。研修に参加した人材が中心となって生産現場の改善につなげている。

石川県能美市にある鋼材加工機の専門メーカー、タケダ機械の本社。工場内には鋼材加工機に必要な部品を加工するための機械が並ぶ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り983文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン