/

この記事は会員限定です

広島の村上農園、AIで栽培管理 25年実用化目指す 

[有料会員限定]

豆苗(とうみょう)やブロッコリーの新芽など発芽野菜生産で最大手の村上農園(広島市)は2025年をめどに、これらの栽培ノウハウを人工知能(AI)で管理するシステムをつくる。気温や日照時間などの条件を入力すれば、最適な栽培方法をAIが算出できるようにする。季節や生産拠点による商品のムラをなくせるようにするほか、これまで現場の経験や勘に頼ってきた栽培技術の伝承にもつなげる。

今夏にも専門チームを社内に立...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1089文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン