/

FAQ検索エンジンのNota、5億円調達 人手不足で需要増

顧客などからのFAQ(よくある質問)検索エンジンを手掛けるNota(京都市)は2日、ワン・キャピタル(東京・港)やセールスフォース・ベンチャーズ(東京・千代田)などを引受先とした第三者割当増資で5億円を調達したと発表した。調達した資金は検索エンジンの機能強化やマーケティングに活用する。

検索エンジンは入力された単語から質問内容を素早く予測できるのが特徴で、顧客サポート部門の人材不足に悩む企業の採用が拡大している。同社の「Helpfeel」は、スマートフォンなどの予測変換技術が使われ、利用者が入力した単語から質問内容を予測したり関連項目を探したりすることが可能。伊予銀行など約40社が導入しており、3月時点の月次収入は20年3月に比べ670%拡大した。

従来のFAQサイトでは利用者が抱える問題を解決しきれず、メールや電話で対応する顧客サポート部門に負担が偏りがちだった。膨大な問い合わせを処理するオペレーターは離職率が高く、人材確保が難しい。Helpfeelは問い合わせ内容に対する自動回答の精度を高めて顧客サポート部門の負担を減らせるほか、商品やサービス検索などにも応用することが可能という。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン