/

この記事は会員限定です

電子部品受注、10~12月期2割増 5Gなど需要増

[有料会員限定]

村田製作所など電子部品大手6社の2020年10~12月期の受注額は、前年同期比2割増の1兆8600億円程度に達したようだ。増加は2四半期連続で、高速通信規格「5G」対応のスマートフォン向けの部品需要が好調なほか、自動車関連部品も4~6月期を底に回復している。パソコンなどの「巣ごもり」需要も堅調を維持している。

村田製作所と京セラ日本電産TDKアルプスアルパイン日東電工の受注額(一部は受注額に近い売上高)を日本経済新聞が独自に集計した。

需要のけん...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り750文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン