/

この記事は会員限定です

阪神大震災26年の神戸 旧港にぎわいづくり着々

[有料会員限定]

神戸市が旧港湾地域のにぎわいづくりを進めている。新港突堤西地区では今秋に水族館が開業。通販大手のフェリシモを始め、同地域にオフィスを移転する企業もある。同地域は阪神大震災後の市の財政難などで整備が遅れていたが、震災から26年を経て再び「街の顔」として注目を集めつつある。

「港町にしかない魅力のある空間。神戸の成長、発展を支える大事なエリアだ」。久元喜造市長はウオーターフロント整備を急ぐ理由をこう語る。

コンテ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2081文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン