/

この記事は会員限定です

鳥取知事、聖火リレー「見直す」経費抑えコロナ対策に

[有料会員限定]

鳥取県の平井伸治知事は1日の定例会見で聖火リレーのやり方を見直す考えを示した。「多額の資金を使わないようにし、その分、コロナ対策に使うべき」と話し、費用を削減する方針だ。コースを短縮したり、イベントなども手作りにすれば「他県より2~3割は減らせる」とする。

東京五輪・パラリンピック大会組織委員会とこれまで協議を続けてきたといい、「最初のころの隔たりは埋まり、合意の基本...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り181文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン