/

この記事は会員限定です

多品種生産で低収益の日医工 品質強化で稼ぐ力影響も

急成長のひずみ(下)

[有料会員限定]

医薬品の自主回収が相次ぎ、富山県から業務停止命令を受けた日医工。後発薬大手3社のなかでは収益力に劣り、2020年3月期の連結営業利益は28億円と、売上高の近い沢井製薬の約1割にとどまる。幅広い製品ラインアップがマイナスに働いている。品質管理を強化すればコストに跳ね返り、稼ぐ力が一段と弱まりかねないという課題も抱える。

バイオ医薬品の後続品の開発中止で損失を計上した20年3月期、日医工の連結売上高営業利益率は1....

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り878文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン