/

この記事は会員限定です

福井県、顧客目線の「デザイン思考」 県庁内に拠点

[有料会員限定]

福井県は政策の立案段階で、デザイナーやクリエーターらが参画する取り組みを本格化させる。3月末、デザイナーらと県職員の交流拠点「パブリックデザインラボふくい」を県庁内に開設した。1期目の杉本達治知事が掲げた政策の1つで、県民や県内事業者といった顧客目線の「デザイン思考」を通じて政策の質を高めるのが狙いだ。

デザイン思考とは顧客を中心に物事の本質を見極め、課題解決を図る手法。福井県はこの思考から生まれ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1147文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン