/

合人社、岡山・倉敷市の斎場を整備

合人社計画研究所(広島市)は、岡山県の倉敷市中央斎場をPFI事業(民間資金を活用した社会資本整備)で整備すると発表した。西松建設(東京・港)などと共同で設立した特別目的会社(SPC)を通じて建て替えを進める。新たな斎場は24年4月の供用開始を見込み、以降20年間にわたって維持管理や運営を請け負う。契約金額は76億8833万円。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン