/

この記事は会員限定です

障害者らの治療迅速に 金沢医科大が災害用システム

[有料会員限定]

金沢医科大学はソフト開発のアイパブリッシング(金沢市)と連携し、医療ケアを必要とする障害者ら要支援者の災害対策システムの構築に取り組んでいる。災害発生時の治療などに役立つ情報を入力するスマートフォンアプリをつくったほか、自治体がそれらの情報を集約できるソフトも開発している。

「東日本大震災では停電によって人工呼吸器が使えなくなり、災害発生時の要支援者への対応が課題となった。ただ、自治体は要支援者の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り719文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン