/

この記事は会員限定です

しまなみ海道、交流の中心はワイナリー 自由に挑戦

四国の売り方 第2部 都会を離れて⑤

[有料会員限定]

島々と橋が織り成す美しい風景で知られる瀬戸内しまなみ海道。広島県尾道市と愛媛県今治市を結ぶ約70キロメートルの道はサイクリングの聖地として定着した。その中央に位置する大三島(今治市)では、新たにビジネスを始める移住者が増えている。ミカン農家の高齢化による衰退から活性化へ。潮目を変えたきっかけは、大三島みんなのワイナリー(今治市)で、内外を結ぶ交流の中心となっている。

2月下旬、海に臨むワイナリーで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1737文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン