/

この記事は会員限定です

安芸高田市の副市長、公募で34歳女性を内定

[有料会員限定]

広島県安芸高田市は全国公募していた2人目の副市長に、元商社員で現在は一般社団法人RCF(東京・新宿)に勤務する女性の四登夏希氏(34)を内定したと発表した。1月に実施した公募に応じた4115人から選んだ。任期は4年で、市議会の同意を得て4月半ばに就任する見通し。

四登氏は大阪府出身。国際教養大を卒業後、2011年に双日に入社し基礎化学品の投資開発などを担当。出産を経て国内の社会...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り182文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン