/

大阪屋ショップ、石川に5年ぶり出店 金沢で12月めど

食品スーパーの大阪屋ショップ(富山市)が約5年ぶりに石川県へ出店する。12月をめどに、金沢市中心部から近いボウリング場跡地にオープンする。近隣はマンションや住宅も多く、大型小売店の出店余地が少ない金沢市にあって進出企業が注目されていた。

北陸鉄道が持つホウリング場の跡地に「西泉店(仮称)」を出店する(金沢市)

北陸鉄道(金沢市)がボウリング場やゴルフ練習場を運営していた西泉地区の敷地に、延べ床面積約2000平方メートルの「西泉店(仮称)」を開く。石川県への出店は2016年以来で7店目となる。

グループで45店前後を運営する大阪屋は富山県内のシェア首位を競う。石川でも金沢市やその近隣で店舗を増やしていた。西泉地区周辺には「食品スーパーが比較的少ない」(同社)こともあり、出店を決めた。徒歩10分の場所にはマックスバリュ北陸(金沢市)の店舗がある。

北陸鉄道が持つ西泉地区の敷地全体の面積は約1万9700平方メートル。大阪屋のほか、ドラッグストアやスポーツジムなども開業する見通しで、約270台を収容できる駐車場も整備される。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン