/

この記事は会員限定です

万博で「未来社会」実現へ 関西企業、アイデア競う

関西経済特集

[有料会員限定]

2025年国際博覧会(大阪・関西万博)を見据え、「未来社会」を描く革新的なアイデアが続々と生まれている。空飛ぶ車や拡張現実(AR)を使った会場案内--。関西から実現に挑む。

注目が集まるのはモビリティー面の革新。大企業からスタートアップまでがこぞって25年万博を未来の展示場と捉え、技術革新に取り組む。

近畿経済産業局は、関西の中小企業と協力。1人乗りドローンの開発を進め、25年万博でのデモフライト...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2159文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン