/

この記事は会員限定です

「伏兵」鈴木、歴史変えた終盤スパート マラソン日本新

[有料会員限定]

大迫傑が2時間5分29秒をマークしてからわずか1年で日本記録が塗り替えられた。2時間4分台のタイムもさることながら、自己記録が2時間10分台だった一般参加の鈴木という事実がまた驚きを与えた。

前半は向かい風になるという予想の下、「なるべく風を感じないよう集団に埋もれて走った」と鈴木。25㌔を過ぎて井上が一時独走態勢を築いても「このタイミングで対応すべきではない」。

隠密行動に徹していた伏兵が水面上...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り491文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン