/

自己記録まで4秒…松田、優勝も「自分超え」ならず涙 

名古屋ウィメンズマラソンで優勝し、涙ながらにインタビューに答える松田瑞生=共同

思わず下を向いてしまうほどの強い向かい風。ペースメーカーが外れた30㌔以降は競う相手のいない一人旅。そんな難しい条件下での2時間21分51秒は立派だったが、松田は「去年の自分を超えられず、ふがいない走りで終わってしまった」と涙が止まらなかった。

昨年1月の大阪国際で2時間21分47秒と好走。東京五輪の最後の代表枠を手中に収めかけながら、3月の名古屋ウィメンズで一山麻緒(ワコール)に2時間20分29秒と上をいかれ、代表入りは露と消えた。

しばらくは失意から脱せず、「競技を続けなかったらよかったなと思う日が続いた」。当時日本歴代6位のタイムで優勝しながら後に味わった〝敗北感〟は大きかったものの、「どん底」を見てから抱いた再起への思いもまた強かった。

豊富な経験を持つトラックで五輪を目指す道もある。ただ、「今のところはマラソンで世界と戦いたい気持ちが強い」。マラソンの補欠として東京大会に備え、出番がなければ「(日本)記録に挑戦したい」。そう青写真を描く姿にもう迷いはない。

(合六謙二)

Tokyo Olympic and Paralympic 特設サイトはこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン