/

この記事は会員限定です

騎手ら不適切受給163人 持続化給付金、JRA調査

(更新) [有料会員限定]

中央競馬の厩舎関係者が新型コロナウイルス対策の国の持続化給付金を受給していた問題で、日本中央競馬会(JRA)は6日、調査結果を発表した。調教助手・厩務員133人、調教師19人、騎手13人の計165人が受給。うち163人の計約1億8700万円分が不適切だったとして、返還済みか手続きを進めているという。

同給付金は営業自粛などで大きな影響...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り659文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン