/

映えスポ 旧堺灯台

(堺市)

珍しい木造の洋式灯台。高さは11㍍ほどで、所在を変えずに現存するものとしては国内最古という。1877年(明治10年)に建築されて以来ずっと大阪湾を照らしていたが、沖に向かって埋め立てが進み徐々にその役目を果たさなくなり、1968年に明かりを消した。現在は港町・堺のシンボル的存在で、市内を歩くとあちこちで灯台を模したデザインのマンホールや街灯、時計台などに行き当たる。(山本紗世)

「NIKKEI関西」インスタグラムでも

https://www.instagram.com/nikkeikansai/?n_cid=SNSIG003

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン