/

この記事は会員限定です

孤独からの脱出 南河内万歳一座「二十世紀の退屈男」

[有料会員限定]

抒情(じょじょう)的な台詞(せりふ)と肉体のエネルギー。現代の孤独をリアルに描きつつ、滑稽味溢(あふ)れる大胆な演技で舞台が弾む。南河内万歳一座が1987年初演の「二十世紀の退屈男」を改訂再演。昭和末期のアパートを舞台に、令和の今を照射する視点を加えた(5月25日、大阪市の一心寺シアター倶楽で所見、内藤裕敬作・演出)。

西日差す6畳一間に住む若い男(寒川晃)。訪ねてくる家族も友人もいない部屋に、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り572文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン