大阪・関西万博向け芸術祭プレ企画、40組超が出展 - 日本経済新聞
/

この記事は会員限定です

大阪・関西万博向け芸術祭プレ企画、40組超が出展

[有料会員限定]

大阪市内の各所で展開する美術イベント「Study:大阪関西国際芸術祭2023」が13日まで開催中だ。アート関連事業を手掛けるアートローグ(大阪市)が大阪・関西万博に合わせて計画する大規模芸術祭のプレイベント。9会場に40組超の作家が参加する。

グランフロント大阪の北館の吹き抜け部分では、鬼頭健吾が600枚のスカーフをつなげて制作した「inconsistent surface」が掲げられる。様々な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り566文字

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

関西タイムライン

コラム「関西タイムライン」は関西2府4県(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)の現在・過去・未来を深掘りします。経済の意外な一面、注目の人物や街の噂、魅力的な食や関西弁、伝統芸能から最新アート、スポーツまで多彩な話題をお届けします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません