/

この記事は会員限定です

松尾芭蕉の絵付き自筆本再発見 「画俳一味」研究に一石

[有料会員限定]

俳聖、松尾芭蕉(ばしょう)の紀行文「野ざらし紀行」がこのほど再発見された。自筆で、山河や道中の絵も添えた希少本だ。「画俳一味」を理想とした芭蕉の美術史研究に一石を投じそうだ。

「芭蕉が残した絵について、描かれた対象や、画風の変化をたどるなどは、あまり深く考察されてこなかったと思う」。こう語るのは江戸期の俳諧が専門の藤田真一・関西大学名誉教授だ。

再発見された絵付き自筆本「野ざらし紀行」の意義を「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1290文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン