/

読響、大阪で定期演奏会

指揮はヴァイグレが務める=読売日本交響楽団提供

読売日本交響楽団は22日、大阪市のフェスティバルホールで定期演奏会を開く。指揮は常任指揮者のセバスティアン・ヴァイグレ。曲目はワーグナーの歌劇「タンホイザー」序曲とシューマンのピアノ協奏曲、チャイコフスキーの交響曲第5番。

シューマンの協奏曲では、ソリストにピアノの反田恭平を迎える。ヴァイグレは公演に備え5月に既に来日しており、東京のサントリーホールや東京芸術劇場などでも出演する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン