/

この記事は会員限定です

大阪交響楽団が新体制 指揮者3人、オペラに深み

文化の風

[有料会員限定]

大阪交響楽団の新体制が始動した。4月に常任指揮者となった山下一史をトップに、ミュージックパートナーの柴田真郁、首席客演指揮者の高橋直史が就任。オペラに造詣の深い顔ぶれがそろい、情景や歌心をより感じさせるサウンドへとシフトする。

一体感ある演奏

5月13日、大阪市のザ・シンフォニーホールで開かれた定期演奏会で、山下が常任指揮者として初めて舞台に上がった。メインとなるリヒャルト・シュトラウスの交響詩...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1120文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン