/

この記事は会員限定です

大澤壽人、再評価進む 兵庫・芦屋で室内楽の演奏会

文化の風

[有料会員限定]

神戸生まれの作曲家、大澤壽人(おおさわ・ひさと、1906~53年)の室内楽作品を聴く演奏会が8日、兵庫県芦屋市のルナ・ホールで催された。大澤は死後長く忘れられ、近年ようやく再評価され始めたが、特に室内楽の演奏機会はまだ乏しい。知られざる若書きの魅力を新たに伝える演奏会となった

新技法使いこなす

ピアノを背に、弧を描くように配置されたバイオリン、ビオラ、チェロ。奏でるのは複雑で先の読めない旋律や和...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1209文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン