/

この記事は会員限定です

古楽奏法の自在な戯れ 神戸市室内管弦楽団

[有料会員限定]

本年4月に鈴木秀美を音楽監督に迎え、進境著しい神戸市室内管弦楽団が、選(え)りすぐりの弦楽合奏曲を鮮烈に彫琢(ちょうたく)した(9月25日、神戸市の神戸文化中ホール)。

冒頭から躍動する音楽の疾走に胸が高鳴る。グリーグの組曲「ホルベアの時代から」は曲ごとのイメージが画然と際立つ。サラバンドの内省的弱音が深い慈愛を注ぐ。ガボットはバロック奏法の達人の独壇場。凛(りん)としたリズムと絶妙なアクセントに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り548文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン