/

この記事は会員限定です

新春対談 安藤忠雄vs山極寿一「グローバルな直感力を」

後編

[有料会員限定]

安藤 ところで、最近多くの若い人たち、命のあるものとの対話が苦手のようです。私の事務所では、若いスタッフに、設計だけでなく、植栽の管理や生き物の世話など、「これも勉強だ」とやらせているのですが、時折びっくりするような反応をする子がいますね。土が汚いとか、臭いも嫌いみたい。若い世代との感覚のズレを強く感じます。

山極 命のあるもの、扱いにくいからね。私のようにアフリカのジャングルでゴリラを調査する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3624文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン