/

この記事は会員限定です

聖徳太子1400年忌「和」の願い今に

争いへの苦悩 育んだ思想

[有料会員限定]
聖徳太子の1400年忌にあたる今年は各地で様々な催事が予定されている。太子が説いた「和」の思想は人々の精神に大きな影響を与え続けてきた一方、その素顔は伝説に覆われ、評価は時代ごとに変容した。太子の生涯をたどって原点に立ち戻り、多様性が求められる現代で「和」が持つ意味を問い直してみよう。

聖徳太子という名は死後につけられた諡(おくりな)だ。日本書紀などには様々な名前で登場する。厩戸皇子(うまやどのみこ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2444文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン