/

この記事は会員限定です

東西帝国の武威と繁華 京都で兵馬俑とポンペイ展

文化の風

[有料会員限定]

2000年も昔、ユーラシア大陸の東西に広大な版図を誇る大帝国があった。東の秦と西のローマ。長らく地中にあった文物から帝国の相貌をうかがう2つの展覧会が、くしくも京都市京セラ美術館で開かれている。見どころはかたや皇帝の武威、かたや繁栄を享受する市民。

始皇帝供養に8000体

よろいをまとい、片膝を突いて一点を見ている「跪射武士俑(きしゃぶしよう)」。中国・秦の始皇帝陵の一角、兵馬俑坑から出土した陶...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1381文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン